« トマトブレッド | トップページ | スフレチーズケーキとケーゼクーヘン »

5つの酵母と素材を生かした基本のパン作り

5kobopan5つの酵母と素材を生かした基本のパン作り またまた本を買ってしまいましたbreadたくさんの「パン本」が出版される中 これでも「本当に欲しい本」だけを買っているのですよ(yukacoldsweats01
我が家の冷蔵庫には「自家製レーズン酵母エキス」以外に 「safインスタント・ドライイースト」「白神こだま酵母ドライ」「ベターホーム天然酵母」「パネトーネマザー粉末」が待機しているのです!!いつもは「saf サフ」や「fermipan フェルミパン」で作る食パンやベーグルを 今日は「パネトーネマザー」で作りたいな〜と思った時に どれくらいの割合で増やせばいいの?と思うことがよくありました いつもだいたい適当に作るので 発酵のタイミングが悪いこともしばしばsweat01この本ではタイトルの通り 5つの酵母の個性を大切にしながら それぞれの持つ力を最大限に発揮できるようレシピが紹介され「材料と基本のデータ」の欄には 具体的な量(gグラム)と割合(%パーセンテージ)で書かれています☆例えばベーグルは強力粉300gに対しドライイーストと白神こだま酵母・有機天然酵母は6g ベターホーム天然酵母(りんご果実種)は10.5g パネトーネマザーは15.0gという具合に…レシピも「オリーブオイルで作る生地」「全粒粉、ライ麦、雑穀パン」「食パン」「くるみ、野菜、フルーツのパン」「リッチな生地」など食事パンから お惣菜パン・おやつパンまで多数紹介されていますshine

『5つの酵母と素材を生かした基本のパン作り』

著:大塚 せつ子
定 価:1470円
発売日:2008年5月30日
発行所:辰巳出版

|
|

« トマトブレッド | トップページ | スフレチーズケーキとケーゼクーヘン »

コメント

こんにちは~happy01
高橋先生のスコーンとビスコッティの本に引き続き、これまた魅力的な本ですねbook
酵母の勉強をしたい私には必須な本ですheart04
早く外出したい、というかちょっとフライングして来週には本屋行っちゃいますrun

投稿: RYO | 2008年6月12日 (木) 11:04

こんばんはぁ~paper
昨晩ここで、この本の事を知り…早速本屋へdash
チラッと見て、予想通りの本だったので…買っちゃいましたscissors

いつ…作るんだろ?
確か、前の本でも1回しか作った事ないんでした…coldsweats01

近いうち…頑張りますnotes

投稿: jac | 2008年6月13日 (金) 00:07

RYOさんへ☆

こんばんは^^
実は、他のパン本(ベーカリーブックだったかな)を買いに行って、
それを買わずにこちらとお菓子の本を買ってしまったのですcoldsweats01

いわゆる「自家製天然酵母」の本ではありませんが、
家庭でよく使われる5種の酵母(ドライ・イースト)の本なので、
これはすぐ実生活に役立つと思いましたshine

RYOさんにもオススメですbread

投稿: yuka | 2008年6月13日 (金) 00:49

jacさんへ☆

わぉ〜そうですか!!
jacさん、買われたのですねbook

それは是非是非作ってくださいね…って、私もまだですけどcoldsweats01
作ったら、またブログに書きますねbread

投稿: yuka | 2008年6月13日 (金) 00:51

早速、昨日本屋に行ってきました。そして迷わず購入moneybag
この本いいsign03何か作ってみようとやる気満々です。発酵スコーンのレシピもありましたね。
さすがyukaさん、いろんなパン本を見ているとアンテナの立ち方が違いますね。またおすすめ本あったら教えてください。

投稿: RYO | 2008年6月13日 (金) 05:04

RYOさんへ☆

おおぉぉ〜そうですかsign03
RYOさんも買われたのですね^0^

何を作ろうか今からわくわく…
いつものように、見ているだけにならないようしっかり活用しなくちゃsweat01
RYOさんも作られたら写真を載せてね☆

いや〜、しかしパン本買い過ぎですわcoldsweats01

投稿: yuka | 2008年6月14日 (土) 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150382/41501369

この記事へのトラックバック一覧です: 5つの酵母と素材を生かした基本のパン作り:

« トマトブレッド | トップページ | スフレチーズケーキとケーゼクーヘン »