« 「全粒粉のカンパーニュ」と「タルトフランベ」 | トップページ | トマトとブロッコリーのキッシュ♪ »

セイロン(スリランカ)産の紅茶を飲み比べ♪

TeaTeadessert久しぶりに参加したRelish(レリッシュ)の紅茶教室では セイロン(スリランカ)産の紅茶の飲み比べをさせていただきました☆教室に通うまでは 紅茶の産地によって味や香りに違いがあることすら知らなかったけど 同じ山(というか「お茶の島」)で育った茶葉が『標高』によっても個性があるというのです!!
高地産の紅茶(HIGH GROWN)の「ヌワラエリア」は 標高1800mの高地を中心に作られるため昼夜の温度差が激しく 強い直射日光と多発する霧の影響で良質の茶葉に育つそうです 緑がかったオレンジ色をしていて刺激的な渋味があり 日本の煎茶の感覚に似ていました☆「ウバ」は世界三大銘茶の一つで スリランカの山岳地帯で栽培されるそうです 季節風(モンスーン)の影響を受けた7〜8月に摘まれたものが最高級で 強い渋みがあり水色が濃いのでミルクティーにも合います☆「ディンブラ」は高地産の茶葉にしてはタンニンの量が少なく マイルドな紅茶に仕上がっているので ストレートでもミルクティーでもアイスティーにも向く飲みやすいお茶なんだそうです 専門店で迷ったら この「ディンブラ」を買ってみるのがいいかもしれません♪
それぞれ飲み比べをさせていただいたのですが 同じ産地でもこんなにお茶の味や香りが違うことに感動しました☆紅茶の世界も奥が深いです(^ー^yuka)☆
 


|
|

« 「全粒粉のカンパーニュ」と「タルトフランベ」 | トップページ | トマトとブロッコリーのキッシュ♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150382/17903971

この記事へのトラックバック一覧です: セイロン(スリランカ)産の紅茶を飲み比べ♪:

« 「全粒粉のカンパーニュ」と「タルトフランベ」 | トップページ | トマトとブロッコリーのキッシュ♪ »