« きょうの料理ビギナーズ「夏のトマトレシピ」 | トップページ | トマト酵母「ソレイユ」のその後 »

アイスティーのバリエーション♪

Grapefruittea京都大山崎にある「食と暮らしのうるおいサロン」Relish(レリッシュ)紅茶教室で 暑い夏にはぴったりのアイスティーのバリエーションを教えていただきました☆写真は『グレープフルーツティ』(フルーツセパレートティ)といって ジュースと紅茶が二層になったとっても美味しいお茶♪グラスにいっぱいの氷を入れたら 手搾りのグレープフルーツジューズをまず大さじ3杯ほど入れておきます そこに粗熱がとれたアイスティを注ぐのですが グレープフルーツジュースとは混ざらないよう静かにそっと注ぐのです・・すると写真のように二層に分かれて 見た目に涼やかで美しいの♪Fruitteacake飲む時はもちろん混ぜるのですが 前々回教えていただいたように紅茶も白く濁らず透き通っていてキレイ♪オレンジジュースでも出来るそうなので 家でも作ってみたいと思います☆(紅茶はAHMADアーマッドのイングリッシュ・アフタヌーン/ケーキと一緒にいただきました)

Cinnamon_milktea写真の『アイス・シナモンミルクティー』もおいしかったです☆シナモン入りのミルクティーといえば ホットで飲むという先入観があったんだけど アイスでもとってもおいしいの♪このアイスティーは 分量の茶葉と一緒に予めシナモンパウダー(またはスティック)を入れておき 熱い湯を半分量だけ注いで濃いめに抽出します 3分たったら氷いっぱいのグラスに注ぎ入れ 後からミルクも入れて出来上がり♪シナモンのいい香りのするアイスティーです☆(紅茶はMUSICAムジカのアッサム)☆

Panna_cottatea今日は『紅茶の歴史』についても教えていただきました☆お茶の始まりは中国で 嗜好品としてではなく 不老長寿の良薬として長い間飲まれていたそうです 日本には遣隋使によって大陸文化とともにお茶がもたらされ 最初の記録は729年なんですって・・お茶の歴史から様々な歴史も勉強できそう・・とても奥が深いです☆(写真は英国王室御用達店ヒンギスのサマーというフルーツティーとパンナコッタ)

|
|

« きょうの料理ビギナーズ「夏のトマトレシピ」 | トップページ | トマト酵母「ソレイユ」のその後 »

コメント

またまたレリッシュさんで、
優雅な時間を過ごされたんですね♪
紅茶ってほんとに奥が深そう!
いろいろ勉強になりますね。
私も、9月に興味のあるイベントが開催されるよう
なので、初レリッシュ参加☆しようと思ってます☆

投稿: megumi | 2007年7月26日 (木) 08:09

megumiさんへ☆

レリッシュさんは、環境も静かで時間の流れが優雅です♪
イベントに参加されるんですね!!
十日市も、手作り作品がたくさん出ていて楽しいですよ〜〜
1階のランチもオススメです☆

投稿: yuka | 2007年7月27日 (金) 00:40

ほんとにゆっくりとした時間が流れてましたね。
遅ればせながら、優雅に楽しみたいと思います。
早速ムジカに行かなくっちゃ(^0^)
暑い中いったモンクールのパンも、どれもおいしかった!!

投稿: solt | 2007年7月27日 (金) 02:03

フルーツジュースと紅茶の組み合わせ、レベルが高い上に贅沢ですね~。一つで二つの味を楽しめるものってうれしいですよね。
あと、シナモンミルクティーもとても贅沢。
Relishで優雅な時間を過ごされたようでうらやましいです。
雑貨屋とカフェもいいですよね。

投稿: RYO | 2007年7月27日 (金) 18:20

soltさんへ☆

梅雨が明けて、ホント暑い一日だったねぇ〜
でも、手搾りのグレープフルーツジュースのお茶は爽やかだった!!
ムジカにも行ってみたいね♪
モンクールのパン、soltちゃんも気に入った??
スコーンとか、焼き菓子も食べてみたくなったわ。

投稿: yuka | 2007年7月27日 (金) 22:45

RYOさんへ☆

アイスティーのバリエーションね、
やっぱり自分ではなかなかできないアレンジだったよ〜
爽やかでとってもおいしかったの!!
うん、雑貨とカフェも、あの雰囲気が大好きです♪

投稿: yuka | 2007年7月27日 (金) 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150382/15902804

この記事へのトラックバック一覧です: アイスティーのバリエーション♪:

« きょうの料理ビギナーズ「夏のトマトレシピ」 | トップページ | トマト酵母「ソレイユ」のその後 »