« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

☆ローズマリーとチーズの星形フォカッチャ☆

Starfocaccia_1新緑の美しい季節・・我が家の庭も一部ジャングルのように緑が茂って(;^^汗)そろそろ虫さんたちも動き始めました 最近の休日の過ごし方は パン生地を仕込んだら庭に出てガーデニング・・春の球根や草花を夏の花に植え替えたり 雑草を抜いて掃除して〜と 蚊が飛び回る前に一新しているところです♪そんな訳でブログの更新がちょっとおろそかになっていたから「yukaさんどうしちゃったの?」って心配してくださる方がいたりして・・いつも遊びに来てくださっているみなさま 更新不順な日々是パンをご訪問くださり本当にありがとうございます☆
このパンは大好きなフォカッチャです お庭で元気に育った「ローズマリー」と「チーズ」を生地に混ぜ込んで かわいく『星形』に仕上げてみました♪とんがったところをちぎって オリーブオイルと岩塩をつけて食べてくださーい!!

Starfocacciakaname「なんかいいにおいしてるわ〜」

「yukaがまたパン焼いてるで」

「早く味見しよ〜〜」

天気が良い日はパンの写真を庭で撮影しています☆いつもの定位置は「ツツジの上」なんですが 現在一年のうちで一番美しい満開の状態♪最近撮った写真には背後にピンクの「ツツジ」が見えています☆ローズマリー・レモンバーム・レモンバーベナ・タイム・ワイルドストロベリー・ナスタチウム・セージ・ラムズイヤー・バジルetc..様々なハーブが元気です(yuka^ー^)

| | コメント (4) | トラックバック (2)
|

イングリッシュマフィン

English_muffin酵母が新鮮なうちは是非シンプルなパンを!!これもドライフィグ酵母で作った『イングリッシュマフィン』です☆丸型に入れて天板をのせて焼くこのパンは 小麦や酵母の香りを生かすことが出来るの大好きなふわふわパン♪お気に入りの北海道産小麦「春よ恋」でこねました☆生地中にコーングリッツを混ぜ込んだこともあり やわらかいマフィン生地はなかなかまとまらなかったの!!最近この「春よ恋」の特徴が随分つかめてきたけど 国産小麦の割に吸水がとても良いです・・ただ水を足しすぎたら後でバターを加えた時になかなかグルテンがつながってこない・・しっかりとしたグルテンを作りたい時は時間がかかるけど 食べた時のもっちり感や小麦の風味&甘みは大好き♪サンドイッチに向くこのマフィンにはぴったりの小麦だと思います 何をサンドしようかな〜?(*^ー^*yuka)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フルーツライブレッド♪

Fruit_rye_4自家製ドライフィグ酵母を使ったパンたち・・ブログの更新は追いついてないのですが(;^^汗)次々に焼き上がっています!!これは天然酵母パン教室で教えてもらった『フルーツライブレッド』のレシピで 中のフルーツは「オレンジピール」とホワイトラム酒漬けの「ドライフィグ」♪酵母を起こした時と同じトルコ産の無農薬ドライフィグです☆ライ麦と黒砂糖の量をやや多めに 発酵はじっくり時間をかけて作ってみました♪

Fruit_ryekaname_1「あんな yukaがいっぱいパン焼いてるで」

「いいにおいするからすぐわかるねん」

「味見したげるっていってんのに〜〜」

「写真ばっかり撮ってるわ・・・」

写真撮影していたら かなめちゃんがやって来ました!!最近はすぐにパンがもらえないことを学習しちゃったからね「かなめとパンのツーショット」が撮りたくても あっちへ行っちゃうのです・・つまり写真撮影には非協力的なワケですね・・でもひとくちもらえるまでは決してだまりませんの!!(yuka;^^あはは) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おひさまパン(BlogPet)

Ohisamakanameきょうkanameは栄養に購入したかった。
北海道に発酵しなかったよ。
山形までパンに食事すればよかった?
きょうkanameが発酵するはずだったの。
山形へオーブンで食事するはずだったみたい。
きのうは山形でじゃがいもへ食事したの?


おひさまパン』・・
こんなかわいい絵本に出会ったので さっそく『おひさまが目をさまして・・なかなかかわいくできました☆我が家にも犬のパン作りをしています 鳥たちも おひさまパンはふくらんでふくらんで・・そこにかぼちゃを加えた生地と2色の『おひさまがかくれてしまい 寒くて どんよりと暗い町 住人のこどもたちもけものたちも うちの中でうんざりしているのがかわいいです(*^ー^*y u k a n a m e)

国産小麦「キタノカオリ」を使って バターと粗糖が入ったやわらかい生地・・なかなかかわいくできましたよ♪パンが焼き上がると「犬のパン屋」さんは こころがうきたち からだのなかがなつになってかがやきはじめるんです☆みんながおどったりうたったりしています パンを食べた住人たちは 動物たちも動物たちにパンをやきましょう』と おひさまパン』を焼いてみました☆我が家にも犬のパン作りをしていると 犬のパン屋さん「かなめちゃん」がいてますもの(^0^k a)



*このエントリは、ブログペットの「kaname」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

リサとガスパール&ペネロペ展

Gaspard_et_lisa_1京都大山崎で紅茶教室に行った後 JR京都伊勢丹にある美術館「えき」KYOTOまで足をのばして『リサとガスパール&ペネロペ展』に行って来ました♪私はこのかわいいキャラクターが大好きで 手帳もケータイについてるストラップもGaspard et Lisaなんです!!リサ(白)はおしゃまで元気な女の子・ガスパール(黒)はいたずら好きで心優しい男の子・・イヌでもウサギでもない不思議な二人が巻き起こす お茶目ないたずらを描いた絵本がたくさんあるんです♪美術館には作者の原画やスケッチがたくさん展示されていました キャラクターグッズもたくさん売られていて 親子連れでにぎわっていましたよ♪リサとガスパールはお菓子作りもするみたいで レシピブックまで出ていたの!!今度リサ&ガスパンを焼いてみま〜す(^0^yuka)

TujiriTujirityasobaJR京都伊勢丹にある都路里で食べた抹茶そばと白玉パフェ・・おいしかったぁ♪♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

アイスティーの入れ方

Icetea_1「食と暮らしのうるおいサロン」Relish(レリッシュ)の紅茶教室で 夏に先がけて『おいしいアイスティーの入れ方』を教えていただきました☆アイスティーを作ると 白く濁ったようになってしまうことがあります・・これを“クリームダウン”っていうんですって・・紅茶の成分のタンニンとカフェインが冷やされることによって白く結合して浮き出てくるために起こるそうです 今日は濁らない基本の入れ方を2種教えていただいたのですが ひとつは「オンザロック式」といって2倍の濃さの紅茶を用意し グラスの口までいっぱいの氷を入れておいて紅茶を一気に注ぎます 急冷させると濁りにくいので 濃いめの紅茶は必ずたっぷりの氷で冷やします まだ温かいうちに砂糖を少し入れておくのも濁りにくくするコツなんだそうです こちらの方法は作り置きはしにくいのですが もうひとつの「ツーステップ式」ならそれも可能です☆通常よりも茶葉の量を2〜3割減らし そのかわりに時間をかけて蒸らします(抽出時間15〜20分くらい)別のポットに茶こしでこし 甘みをつける時はここでグラニュー糖を入れておきます 氷を7分目入れたポットにもう一度移して急速に冷やし すぐに保存容器に移しかえて『常温』で保存します 15〜16時間保存しても品質が変わらないそうです!!ただし冷蔵庫に入れて冷やしたら やはり白く濁ってしまいます☆市販の缶紅茶が白く濁らないのは 紅茶の成分が元々薄いから・・水出し紅茶なら成分が出ないから白く濁らないそうですよ☆写真のアイスティーはきれいに透き通っています(*^ー^*yuka)
 Iceteacake日本の緑茶も「新茶」が出回り始めましたが 紅茶の一番茶は『ファースト・フラッシュ』と言われ 4月の上旬から2〜3週間の間に摘まれます 少量しか採れないため希少価値が高く珍重されるそうです 世界のお茶専門店LUPICIAルピシアでは このファースト・フラッシュの試飲会が行われたそう♪先生は「ダージリンファーストフラッシュ」を入れてくださったのですが 通常の紅茶よりも日本の緑茶に近く 透明感がありすっきりとした味と香りでした☆この他ルピシアの「アフタヌーンティー」と「ゆめ」という甘酸っぱいフルーツとバラの香りのお茶 「いちご」というミルクティーにも合うお茶をアイスでいただきました☆いちごのケーキもおいしかったです♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

いちじくとくるみのパン・ド・セーグル

Paindeseigle元気なドライフィグ酵母で最初に焼いたのは『いちじくとくるみのパン・ド・セーグル』です♪いちじく酵母でいちじくパン!!やっぱりこれが作りたかったのよね♪高橋雅子さんの「自家製酵母のパン教室」を参考にさせていただきました☆いちじくはライ麦との相性が良いし 酵母の香りともぴったりです♪この形は「いちじく」っぽく見えるように 成形時に丸め直したらわざととじ目を上にして発酵&焼成させています☆ガシガシ噛めば噛むほどおいしいパンが焼けました(^〜^yuka)

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

フィリップ・ビゴのパン

Bigotpanbookビゴさんのパン教室に参加させていただくうちに この本が欲しくなりました☆『フィリップ・ビゴのパン』(柴田書店より発売3400円)先日教わったポーリッシュ法のパンはもちろん ヴィエノワやブリオッシュも掲載されています♪実際にビゴの店・芦屋本店に売られているパンがいっぱい!!この本も完全にプロ向けと思われます・・レシピは1kg単位で書かれているから 私はゼロをひとつ外して倍量にすれば作れそう?!またながめてニンマリするだけで終わらないようにしなくちゃね;^^☆
この本の中で興味を持ったのがイーストを入れない「パート・モルト」生地を使った飾りパン「パン・デコレ」です☆帽子や小さい花・バラの花が紹介されているのですが 友人の結婚式の際にステキなウエルカムボードを見て パンでこんなかわいい装飾が出来たらな〜と思っていました ミニチュアパンや花など この本の生地で作ってみたいと思います(^ー^)

BigotpainaulevainBigotcroissantBigotpainaulevain2本の表紙にもなっている「パン・オ・ルヴァン」(写真左)と「クロワッサン・オ・ザモンド」(写真右)・・レーズンでおこしたルヴァン種を使ったこのパンは 酸味があっておいしいの!!クープがガバッと気持ち良く割れているから パンの食感は軽く皮はパリパリでウマい!!この香りも好きです♪クロワッサンも大好きです(^0^yuka)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Aux Bons Sandwiches BIGOT

Aux_bons_sandwiches_bigotレスカエコ・ビゴでパン教室の日がちょうどオープン初日だった『Aux Bons Sandwiches BIGOT』(オー・ボン・サンドウィッチ ビゴ)に寄り道して来ました☆JR芦屋駅から歩いて3分くらい(ビゴの店 芦屋本店とは駅の反対の山側になります)サンドウィッチの専門店で 店内に席が数席あり買ったサンドを食べることができます 飲み物もいろいろあって 定番のサンドサンドウィッチの他にクロックムッシュやクロックマダム・サラダや惣菜も売られていました ランチや買い物途中の休憩にピッタリ♪こんなお店が近くにあったらいいなぁ・・やっぱりパン屋さんのサンドウィッチはパンがうまいからいいわ!!(^〜^yuka)

Bigotsandwich私はベーコンとレタスのサンドウィッチを食べました♪
胚芽のパンはもちろん カリカリベーコンとトマト・レタス・卵のサンドは美味しかったです!!

『Aux Bons Sandwiches BIGOT』

芦屋市大原町12-28 ロザンカン
0797-34-1268
open 7:00-19:30
月曜定休

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

BIGOT「ヴィエノワ」&「バゲット・レジャンデール」

Bigot兵庫県芦屋市のBIGOT(ビゴの店)向いのレストラン「レスカエコ・ビゴ」で行われたパンの講習会に参加しました☆今回教えていただいたのは写真の『バゲット・レジャンデール』と『ヴィエノワ』です どちらもフランスでよく食べられている伝統的なパンといえるので ビゴさん直々教えていただけるのはとても貴重な経験です でも陽気なビゴさんは歌を唄ったり口笛を吹いたり「フランスなまりの関西弁??」で私たちを笑わせてくれるのです!!そしてみんながあまり笑わないと「最近あんまりウケヘンわ〜」と そっちを気にしている?!いえいえでもバゲットの生地作り・成形・クープの入れ方・・どれもビゴさんがパンを扱う手は真摯で愛情と優しさがいっぱい・・私はかなり真剣に見入ってしまいました!!
Bigotschool2Bigotpantane『バゲット・レジャンデール』はポーリッシュ種(写真右)を使った伝統的なフランスパンの作り方で 低温で半日以上発酵させたこの液種を本生地に加えてこね上げます まず2/3の水でやや硬めに生地を仕込み 残りの水はある程度生地がまとまってから徐々に加えていきます そうすることで水がたくさん入ってもしっかりとコシのある生地に仕上げることが可能で 焼き上がりの歯ごたえが良く 内層も美しく仕上がるそうです☆始めから全部の水を加えると ただやわらかくてコシのない生地になってしまうからです・・この作り方はちょうど私が前回の教室で教えてもらったブリオッシュの生地作りと同じでした☆

BigotvienowaBigotvienowa2『ヴィエノワ』はウィーンからフランスに渡ったパンで 棒状に細長くクープ(切り込み)がたくさん入っているパンです☆水分は牛乳のみで 卵やバター・脱脂粉乳もたっぷりの生地でした びっくりしたのは仕込みの牛乳が凍る直前の2℃くらいに冷やされていたこと!!冷たかった!!そして成形はバゲットよりもしっかりめに締めてから細長くのばし 成形後すぐにナイフで切り込みを入れます(写真)

BigotpankoneBigotpankone_1Bigotpan_1ビゴさんに成形と捏ね方を教えていただいた後 みんなで実際に生地作りをしました そして「今日の遊び心」は『マドレーヌ』♪溶かしたバターを少しずつ加えると とても良い生地が出来るので 焼き上がり外はサクッと中はしっとりふんわり仕上がります♪お菓子の基本なんだけど 忠実に作るとこんなにおいしいんだ!!普段パンばっかり作っているから お菓子も勉強したいな〜と思わされます^^家でも作ってみなくちゃね☆今日もとっても楽しかった♪ビゴさん・スタッフのみなさんありがとうございました(yuka^ー^)

| | コメント (4) | トラックバック (3)
|

ドライフィグ酵母を育てています♪

ブログの更新はサボリ気味ですが(:^^爆)酵母はしっかり育てています!!4月下旬に採取したドライフィグ酵母は エキスを絞って清潔なボトルに移し 冷蔵庫に入れて保存していました いちじくは細かい種が出てしまうので 大きめの茶こしでエキスを濾してからボトルに入れます たくさん酵母が採取できると 冷蔵庫の中でも元気に活動して酵母が増殖&安定するみたいなの・・私はいつもすぐにパン作りに使わずに こうして少し休ませます・・焼き上がりのパンの香りがグッと良くなり パン種作りもスムーズなので いつも最低1〜2週間は休ませています この間はガスが抜けないように酵母液はボトルに閉じ込めたまま・・炭酸水が入ってたペットボトルに入れておくのがオススメです☆

Dryfigkobo1Dryfigkobo1_1酵母液と同量の小麦(全粒粉+強力粉)をボウルの中で軽く混ぜ合わせて清潔なビンに入れます(写真左)日光が当たらない食卓の上に置いて約12時間後 ブクブクしてきて見た目で倍量に成長していたらOK!!(写真右)この時点で大きくならなかったら酵母の数が少なかったのかもしれません 私も何度もそういう経験をしました


Dryfigkobo2Dryfigkobo2_1さらに小麦粉100gと水50cc(2:1の割合)と酵母を軽く混ぜて 水洗いしたビンに戻します 今の季節なら少し室温で酵母が動くのを待ってから野菜室へ・・ここですぐに冷蔵庫に入れるとあまり動かないことがあります でも長時間外出する場合は必ず野菜室です!!

Dryfigkobo3_124時間で酵母はごはん(小麦粉と水)を食べ尽くしてしまうから「おなかすいたで〜」って冷蔵庫から叫び声が聞こえるんんです(;^^汗)帰宅したらまずかなめと酵母にご挨拶・・すぐにごはんを与えます☆
小麦粉と水のごはんをモリモリ食べて 4日間でここまで大きく成長しました♪ビンは縦長の方が酵母が上に成長しやすいようです☆気泡のサイズが日毎大きくパワーアップ!!「早くパンになりたいよ〜」っと また酵母の声が聞こえました☆これから2週間はドライフィグ酵母のパン作りが楽しめます(*^ー^*yuka) 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

東京のお土産パンをいただきました♪

Dunerarete_1この週末に東京へ行って来られたsoltさんから お土産のパンをたくさんいただきました♪私が何よりうれしいお土産はパンだって もうすっかり見抜いてくれているのでしょう!!(→ってこれだけパンのことブログに書いてるねんもん;^^)しかもdunerareteデュニュラルテのパンたち!!私も今から6〜7年前にパンの食べ歩き目的で東京へ行った時 青山まで足をのばしました♪その時の印象は「パン屋さんというより宝石屋さん」美しいパンたちがズラ〜ッとショーケースに並んでいて「さすが東京青山やわ〜大阪とはちゃうわ!!」って思った覚えがあります 

Dunerarete_3「Cube-Bキュブベー」という名前の四角いブリオッシュ・・蜂蜜とバターの卵未使用のブリオッシュ生地でしかもバターの折り込み生地なのかな??4.5cmという手のひらに乗るかわいさなのに しっかりバターの風味が感じられておいしい!!「オリーブヴェルト」はグリーンオリーブがいっぱい♪(上の写真の棒状パン)「カリス」はきのこ形のパンでドライトマトとチーズがたっぷり・・ハード系のパンだけど中はしっとりやわらかいの・・この2つはお酒のアテになりそうなパンです☆

Ecole_criolloもうひとつはECOLE CRIOLLOエコール・クリオロという様々な焼き菓子を扱う製菓教室もあるお店のふんわりやわらかいケーキのようなパン♪オレンジピールとバターの風味がいっぱいのしっとりとした生地でした☆小さな焼き菓子が「ドーム・アールグレー」これもいい香りなんです♪♪
今度東京へ行く時には私も行ってみたいなぁ〜soltさんたくさんのお土産パン本当にありがとうございました(*^ー^*yuka)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

野菜のカンパーニュ

Yasaicampagne素朴な田舎パン「カンパーニュ」に かぼちゃとじゃがいもの角切りをゴロゴロ混ぜた『野菜のカンパーニュ』を焼きました☆いつもは生地に何も混ぜないでそのまま焼き上げることが多いのですが パン本で見たのがおいしそうだったので自分でも真似てみたんです♪国産の全粒粉とライ麦入りの生地にゲラントの塩とレーズン酵母・・生地がひとまとまりになったらくるみとカレンツをまず混ぜ込み 野菜もつぶれない程度に生地になじませました☆
Yasai_3Yasaicampagne2合計200gの小麦に対してくるみ20g・カレンツ20g・かぼちゃ60g・じゃがいも40gという量・・どこを食べても野菜がゴロゴロ入ってます!!かぼちゃとじゃがいもはパンに混ぜても水分が出にくい野菜なので扱いやすいです・・でもいつもよりソフトなカンパーニュになりました♪おいしかったよ〜(^ー^yuka)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

今日は(BlogPet)

Moncoeur_1今日は
kanameたちが、味わい深い好みをおじゃましなかったよ
長岡京または阪急長岡天神駅から歩いて3分くらい・・
かわいいお店がいくつか集まるロングヒル内になっているRelish(レリッシュ)
さんにおじゃましなかったよ
長岡京市開田3-
952

12:00〜18:
とか思ってるの。


*このエントリは、ブログペットの「kaname」が書きました。

*ロングヒルにあるのは長岡天神の「モンクール」(写真)で 「レリッシュ」は大山崎です(;^^yuka)*

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ミルフィーユブレッド♪

Millefeuillebread黄色い生地が「かぼちゃパン」・白い生地はスキムミルク入りの「ソフトパン」・・この2色を重ねて重ねて〜間にはかぼちゃ・ベーコン・チーズ・じゃがいもを挟んで挟んで〜『ミルフィーユ・ブレッド』を作りました♪本物のミルフィーユにはほど遠いけど いろんな物を重ねて挟んで〜作っていてとっても楽しかった♪小麦は北海道産のキタノカオリを使い レーズン酵母で発酵☆元々やわらかいパン生地なんだけど 野菜の水分もあるのかよりしっとりしたお食事パンになりました♪なんだかこれ一切れで栄養満点なパンに!!焼き上がりに切り口がどうなってるか見るのもわくわくして 今度はどんなミルフィーユ作ろうか〜ってまた考えてます(yuka^〜^)

Millefeuillebread1Millefeuillebread2こんな風にパン生地→ベーコン→パン生地→かぼちゃ→チーズ・・みたいに順番にのせていきました あまり使ってなかった正方形の食パン型で作ってみたの・・私が購入した時はまだ「フタ付き」が売られてなくって〜残念;^^ホントはフタを閉めて焼いてみたかった気もするのよね・・

Millefeuillebread3Millefeuillebread4一番最後にかぼちゃパン生地を上にのせて・・2次発酵は1時間30分くらい(写真左は2次発酵後)180℃で30分は焼きました☆オーブンの中でそれぞれ層になったパン生地がぐんぐんのびて〜山形食パンになりました♪切り口が楽しみだったから・・真ん中でザクッと切ってみましたぁ(写真右^0^)

Millefeuillebreadkaname「あんな yukaがまたおいしそうなパン焼いてるで」

「さっきからいいにおいしててん」

「これはボクも食べていいん??」

「はよ味見しよ〜」
(ぺろりん)

今度はどんなミルフィーユを作ろうかなぁ?ココア生地やキャロブ生地でも面白いかも♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

ソレイユ

Soleil『soleilソレイユ』はフランス語で「太陽」の意味です☆いつもなら麦の穂「エピ」にするところ くるっとまわして「太陽」の形にしてみました♪こうするだけでとってもかわいい!!パン生地は天然酵母パン教室で教えてもらった「カレーエピ」の配合で 南部小麦とゲラントの塩・レーズン酵母で作っています とてもシンプルな生地なのですが カレーのピリッとした風味とベーコンの旨味が美味しいの!!この「太陽」の形は以前に買ったBakery bookに紹介されていたパンを参考にしました☆(^ー^yuka)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

初夏の北海道物産大会♪

Otarumuginowabagel大阪梅田の阪急百貨店で『初夏の北海道物産大会』が開かれています♪物産展が大好きな私はどうしても立ち寄らずにいられない性分;^^。で 今回のお目当てはもちろん道産小麦のベーグル!!麦輪小樽さんのつやつやベーグル・・以前に「十勝小豆サンド」を買ったので 今日は『スモークサーモン&クリームチーズ』を買いました♪ベーグル単体ではオニオン・ライ麦・プレーン・五穀・アールグレイ・ショコラナゲットなど10種あるのですが・・「このサンドはどのベーグルですか?」とマニアックな?質問をしてみる私(笑)パートのおばちゃんは答えられない;^^あはは・・サンドになってるベーグルは『一等級プレーン』なんだそうですよ!!北海道産キタノカオリの一等級のみで作った甘い香りともっちりした弾力のあるおいしいベーグルサンドです♪(マーブルラムレーズンとフィグ&ウォールナッツも買いました)

Hokkaidoubussanten_2阪急百貨店 大阪・梅田7階催場


5月6日(日)〜15日(火)
最終日は6時まで

麦輪ドッグ(ホットドッグ)とタラバガニのキッシュも食べたいんだよな〜スィーツも充実してまーす(yuka^〜^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

☆おひさまパン☆

Ohisamapanbook_1おひさまがかくれてしまい 寒くて どんよりと暗い町 住人のこどもたちも動物たちも うちの中でうんざりしています 鳥たちもけものたちも おひさまがふたたびその金色のかおをのぞかせてくれるのを こころまちにしています 『それなら わたしがとくべつなパンをやきましょう』と 犬のパン屋さんが生地をこねはじめると おひさまパンはふくらんでふくらんで・・そしてもっとふくらんで・・・
こんなかわいい絵本に出会ったので さっそく『おひさまパン』を焼いてみました☆我が家にも犬のパン屋さん「かなめちゃん」がいてますもの(^0^kaname)

Ohisamapan国産小麦「キタノカオリ」を使って バターと粗糖が入ったやわらかい生地・・そこにかぼちゃを加えた生地と2色の『おひさまパン』・・なかなかかわいくできましたよ♪パンが焼き上がると「犬のパン屋」さんは 動物たちにパンを食べさせてあげます パンを食べた住人たちは こころがうきたち からだのなかがなつになってかがやきはじめるんです☆みんながおどったりうたったりしていると おひさまが目をさまして・・・エリサ・クレヴァン作絵のとても美しい絵本です♪最後に住人たちみんなでいろんな形のパン作りをしているのがかわいいです(*^ー^*yuka)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

熊本土産の天然酵母パンをいただきました♪

Kumamotomiyage_1この連休中に熊本に行って来られた自称“宇宙人さん”からお土産の甘夏と『熊本の天然酵母パン』をいただきました♪
九州・熊本のパンをいただくのなんてもちろん初めて!!
茶菓房「林檎の樹」という阿蘇郡南小国町にあるお店で 隣接する果樹園「共楽園」で取れた林檎をつかったアップルパイや様々なパンを作られているようです♪

Kumamotoringopan私がいただいたのはその名も『リンゴパン』で リンゴが皮ごとパンの中に練り込まれています☆
口の中でふわ〜っとりんごの香りが広がりました!!

「天然酵母」って書かれているけど どんな酵母で作ってるんだろう?!
真空パックになっているので日持ちがするらしく 全国に宅配もされています〜

宇宙人さん 貴重な熊本のパンをありがとうございました(^ー^yuka)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

今日は「みどりの日」(Spring garden2007)

2007年より『みどりの日』は4月29日から5月4日に変わったのですね☆大阪は今日一日とても良い天気になりました♪我が家の庭も新緑・ハーブや花々が美しい!!でも害虫や雑草も増えるんだけどね;^^4月中にとてもかわいい花を咲かせてくれたチューリップやビオラもそろそろ見納め・・次は初夏の庭づくりを始めなくちゃ!!5月〜6月はハーブの苗が手に入りやすく育てやすい大好きな季節です♪ナスタチウム(写真一番下)はすでに購入しました☆白いカラーもかわいい!!もうすぐバラも咲きそうです(yuka^ー^)
ButterflyCherry_sageGarden2007_6TimeTulip_1Garden2007_5WildstrawberryColorHerb
Nasturtium

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

☆ドライフィグ酵母の誕生☆

5月に入りここ大阪も暖かい日が続くようになりました☆新緑が美しい一年の中でもすごしやすい季節です・・そう!!今からが「酵母起こし」にピッタリの時期なんですよね♪実は先月「いちご酵母」起こしに挑戦していたのですが 3日たっても元気がなくって気泡も小さい・・「農薬」残ってるのかな?とか考えてたら気持ち悪くなって 今回は処分しました もうすぐ我が家の庭に「ワイルドストロベリー」が実るので これで再挑戦しよう!!確実に無農薬ですから!!それで久しぶりに『ドライフィグ酵母』を起こしてみたんです☆クオカさんで買った無農薬栽培のトルコ産いちじくです☆

Dryfig1_3Dryfig2_3ガラスビンを煮沸消毒し 国産の天然水と4つくらいにカットした乾燥いちじくを入れ密閉します☆今回はいちじくが約150gで水が300ccです(写真左)☆ビンには酵母が呼吸できる「ゆとり」がないといけないから ビンは小さすぎてもいけないし 反対に極端にビンが大きくて 中のいちじくが少ないと酵母が起きにくいみたい・・これはまだ私には謎が多いんだけどね・・でもビンのサイズに対する中身の割合が大切なのは確かです☆2日目(写真右)には水色が茶色く変わり すでに気泡が上がっていて発酵力の強さにビックリしました!!

Dryfig3Dryfig_1こちらの写真は3日目のもので ビンの中でいちじくがプカプカ浮いてます・・「ちゅるちゅるちゅる〜」ってかわいい音が聞こえてきて・・すでに私の力ではビンのフタが開かない状態に!!酵母が酸欠になっているのか?!「yuka早く開けて〜」って中から「酵母の声」が聞こえるんです;^^フタを開けるための補助道具を買ったので それでどうにか開封!!そしたら激しくゴボゴボォォ。。(写真右)この状態でまたフタを閉めて半日粘ったのですが ビンの爆発がコワいのでここで採取することに!!丸3日間という早さなんです・・スゴイわ・・すぐにパンを作らず酵母液を「休息&熟成」させてやります☆

Fig_1☆ドライフィグ酵母の誕生です☆

 命名 『フィグリー2号』

写真は「酵母を起こす前」と「酵母を起こした後」の乾燥いちじくの変化です(yuka^ー^)


| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »