« 真夏日のわんこ | トップページ | ブリオッシュ »

いちじくのパン・ド・セーグル

 Pain_de_seigleキンカン酵母の“金太郎”が名前に負けじと元気いっぱい!! 飼い主yukaが酵母の扱いに慣れてきたことと 今の気温は酵母の培養にはちょうどいいみたい 毎日成長する金太郎酵母に背中を押されながら せっせとパンを焼いています☆写真は『自家製酵母』のパン教室に載っていた「いちじくのパン・ド・セーグル」です 準強力粉リスドォルとライ麦にゲラントの塩・はちみつ・キンカン酵母でパンをこねました 最後に軽くホワイトラム酒に漬けておいたドライフィグを混ぜています

Pain_de_seigle_1成形時パンにライ麦粉をつけてから 丸めなおします

とじ目を下にして布どリで2次発酵を40分ほど

気温が高くなってるので短い時間でもパンがどんどん大きくなりました

発酵させすぎても食感が変わりそうだし 見極めはムズカシイです^^

Seigle_1発酵後はとじ目を上にしてオーブンシートにのせて焼きました

こうするとわざと“とじ目”が上に開いて まるで「いちじく」のような形に仕上がります!!

なるほど〜ナイスアイディア!!

もうちょっと上がとんがったらおもしろかったかな〜?

Kaname_6かなめちゃん パンをにらんでいますか??

最近は都合の良い言葉(ごはん パン お散歩)しか聞こえないのですが
パンの香りには超敏感です;;^^

|
|

« 真夏日のわんこ | トップページ | ブリオッシュ »

コメント

なるほど~、ほんとにイチジクっぽいですね!
フィグはラム酒漬けにすると良いんですね~。
質問~!布取り発酵した後って、どうやって天板に移してますか?手で?それとも、布ごと「えいやっ!」ってするの??
ずっと疑問なのでした^^;

投稿: miso | 2006年6月 4日 (日) 11:35

misoさんへ☆

わはは〜^0^ misoさん、私、両方かも!!
手でとることもあるし、ほわほわ柔らかかったら布の下に手を入れて、
「えいやっ!」ってとっているわ。
この本には生地の形をくずさないように、長い板などを使用するといいって書いてます^^
フィグのラム酒漬けもいいですよ〜♪

投稿: yuka | 2006年6月 4日 (日) 20:23

yukaさん、こんばんはー
yukaさんの、パン見てたら、私も、どうしても、自家製酵母のパン教室のこの本がほしくなって、買っちゃいました。
天然酵母は、もう少したってから・・・って思ってたのに~~
まだ、本をちょっと読んだだけですが、とっても、とっても、作りたくなってきています。

このイチジクの、パンド・セーグルも、モチロン美味しそう♪
かなめちゃ~~ん。
美味しいに、決まってますよねぇ~~

投稿: kenta mama | 2006年6月 6日 (火) 00:42

kenta mamaさんへ♪

わぁ〜!mamaさんも本を買われたのですね!!
とってもわかりやすく書かれていますし、
今の季節が一番起こしやすいから、きっと酵母パン焼けますよぉ^0^
kentaくんは食べてくれるかしら??
かなめは最近、培養中の酵母にも「パン反応」するんですよ;^^

投稿: yuka | 2006年6月 6日 (火) 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150382/10366619

この記事へのトラックバック一覧です: いちじくのパン・ド・セーグル:

« 真夏日のわんこ | トップページ | ブリオッシュ »