« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

6月のガーデン

DokudaminigeraLambs_earSageSage2_2Heliotrop
Lavender
Medosage
Yarrow

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

玉ねぎのリュスティック

Rustiqueonion採れたての玉ねぎやじゃがいも・きゅうり・キャベツ・にんじんといった新鮮な野菜をご近所の方からたくさんいただきました どれを見てもパンを作りたくなるし 酵母が起こしたくなるんです・・・『あたし 本当にパンにとりつかれているわ』(by yuka;^^)新鮮な野菜の甘さを生かすのはやっぱり『リュスティック』かな〜♪荒みじんにカットした玉ねぎをたっぷり生地に混ぜ込んでいます☆水分控えめでこね上げたのですが 新玉から出る水気でかなり生地がやわらかくなりました・・・酵母パンは1次発酵後にかなり生地がゆるむので 水加減がムズカシイですね☆
Rustiqueonion_1
「あっ、yukaがまたパンの写真とってるわ〜」

「ちゃんとブログ書きや〜〜」

「なあなあ、この甘い匂いはなんや??」 (くん くん)

「はよぉ〜ちょっと味見しよ・・・」

「かなめ〜今日のパンは食べたらあかんわ、ごめんね〜」

「なんでや〜なんであかんの〜〜」

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

キャラメルとチョコのスコーン

Scone_1ほとんど毎日「酵母パン」焼いているのに なかなかブログ(日記)が書けない”オサボリyuka”でございます パンネタと写真がかなりたまってしまったわ〜☆これは自家製のワイルドストロベリー酵母で作った『キャラメルとチョコ入りのスコーン』です 酵母を使ったお菓子もずっと作ってみたかったのですが フードプロセッサーでガッガッガッと混ぜるだけなのでとても手軽に作れました♪北海道産の強力粉「春よ恋」と同じく北海道産の全粒粉と薄力粉を使用しています 全粒粉が入ることで生地の食感がざっくりしていてより粉の風味が強い気がします 酵母を加えて冷蔵庫で一晩寝かせているので生地が十分に熟成し ベーキングパウダーを使ったスコーンより素朴な風味が楽しめました♪

Nuggetsこのスコーンはタイトルの通り「キャラメル」(森永のミルクキャラメル)と ニューヨークのお土産HERSHEY「クッキークリーム」が入ってるんです〜♪粉類と1cm角に切った冷たいバターをフードプロセッサーにかけガッガッガッ→次に酵母をちぎって入れて→キャラメルとクッキークリームとアーモンドスライスを入れてガッガッガッ→卵黄と牛乳を入れてガッガッガッと撹拌したら取り出して生地をまとめる・・・そのままラップにくるんで1次発酵させました 4〜5日は保存が可能だそうで 時間がたつほど軽い食感のスコーンになるんですって〜また作って冷蔵庫に保存しとくといいなあ♪ 

Sconekaname“オーブン予熱”の段階で「ちょうだいコール」をするかなめちゃん:^^
焼き上がるまでの15分間はず〜っと「わん わん わん」いい続けなんです〜〜

「かなめちゃん もうすぐ焼けるからちょっと待ってね」

「いいにおいやわ〜これなんや??」

オーブンでキャラメルが溶けてトロトロしているの〜〜
かなめじゃなくてもいい香りでくらくらしちゃうわっ^〜^

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

お買い物♪

Tomizawa_4パン材料のネットショッピングはクオカさんオンリーだった私が初めて浮気(?)をしました;^^以前からホームページをのぞいていたのですが富澤商店という関東地方に直営店がたくさんあるお店です☆『西のクオカ・東のトミザワ』といったところかしら!!
こちらのお店に売っている商品で欲しくなっちゃったのが「石臼挽きハルユタカ全粒粉」で 名前の通り北海道産のハルユタカ小麦を100%使用し石臼でゆっくり挽いた粉 その他「北海道産ハードブレッド専用粉ER」とお気に入りの「春よ恋」・「発酵カゴ(オーバル)」も買っちゃいました♪しっかしまたまた小麦の合計が7kgです・・・月に1度のペースで7kgはちょっとコワいかも。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

神戸・岡本 「フロイン堂」

Furoindo_1今日は以前から行きたかった老舗のパン屋さん神戸岡本の『フロイン堂』へふらっと行って来ました☆こちらのお店は日本でも数少ないレンガ窯でパンを焼くお店で なんといっても看板商品は「食パン」なんです!!阪急電車岡本駅から徒歩1分 とてもレトロなお店でうっかり通り過ぎちゃいそうです お店を発見してまず私の目に飛び込んだのは「食パンは予約分で売り切れました」の張り紙・・・ええっ〜!!せっかくここまで来たのにな〜(泣) お店の棚には既にきれいに紙で包まれたパンがたくさん並んでいて 店頭には焼き菓子が1種あるのみ・・・お店のお姉さんに「パンは残っていませんか?」と聞くと 奥から焼きたてホカホカを出して来てくれました!!
「こちらのパンが1斤だけ残っています」ラッキー♪♪最後の半斤を分けてもらいました『グラハム食パン』(400円) 持っているのが熱いくらいホカホカのまさしく“窯から出たとこ”のパンです☆
Furoindosyokupan
Furoindosyokupan_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ファンデュ

Fenduフランス語で『ファンデュ』(Fendu)とは日本語で「ふたご」とか「割れ目の入った」という意味になります☆とってもかわいい形をしているこのパンは もう少し小さいサイズで「ハイジの白パン」という名前で売られていたり フランスパン生地で売られていることもあります 今回作ったこのパン生地は 『自家製酵母』のパン教室(高橋雅子著)を参考に 北海道産の強力粉に加えて薄力粉とライ麦粉・プレーンヨーグルト・オリーブオイルが少し入っています ヨーグルトとライ麦のさわやかな酸味があり しっとりもっちり柔らかい食感のパンに仕上がりました☆今回からワイルドストロベリー酵母を使用しているのですが 実はちょっと元気が足りなくてレーズン酵母に助っ人に入ってもらってます;^^ほんのり甘いいちごの香り♪

Fendu_1パンの表面にライ麦粉を散らして・・・

こんな風に棒でぐぐぐっ〜と押してくぼみをつけてます

かなり思い切ってへこませておかないと「ふたご」にならないの〜

Fendu3そしてパンを上下ひっくり返して布どリで2次発酵を行います

「おしり」がきゅっと締まるように布をたぐり寄せておきました

布の上で発酵させると パンの水分を適度にとってくれるみたいです


1時間ほど2次発酵させ もう一度棒でくぼみをつけ直してから焼きました☆

Fendukaname3パンをオーブンに入れて3分後 やっぱり来たよかなめちゃん

焼き上がるまでうろうろ・・・鼻をくんくん 

「なあなあyukaパン焼けたん??」

「なんや おしりみたいなパンやなあ〜」

「いいにおいしてるで・・・」

「今日のパンは食べてええの??」(kaname)

「ええよ ええよ〜」(yuka)


| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

チェック食パン

Kakusyoku_1天然酵母パンでは初めて「角食」のパンを作りました☆ふたを閉めるタイミングがちょっと遅かったみたいで(型の8割くらいで焼いてよかったのよね)少し過発酵気味だけど 初めてにしてはなかなかいい感じに焼けたと思いまーす♪しかも中がチェック模様になってるんですよ〜すっごいかわいいの!!これも『自家製酵母』のパン教室に載っていたパンで ず〜っと作ってみたかったんです♪レシピは「にんじんジュース」で作られていたのですが 私は「にんじんとりんご」がブレンドされたおいしそうなジュースをいかりで見つけたのでこちらを使用 果物をそのまま搾ったようなジュースでとてもきれいなオレンジ色のパンが焼けました☆


Kakusyoku2食パンの材料を全て2つに分けて計量し ひとつは水でもうひとつはジュースでこね上げました 今回使ったのは「春よ恋」という北海道産の強力粉で 吸水性がとても良くてタンパク質の量も多いので 国産小麦の中では扱いやすいお気に入りの粉です 

1次発酵後それぞれのパン生地を2分割にし 生地を型のサイズくらいにのばしたら交互になるよう4本を並べます

パンがゴキゲン良くふくらんでくれるかドキドキ^^ 
Kakusyoku32次発酵は1時間と15分くらい・・・気温が高かったから思っていたより大きく成長しちゃいました!!本当は型の8分目でよかったのに9分目くらいまで大きくなっていたかな;^^おそるおそる食パン型のフタを閉めていざオーブンへ!!どんなパンになるかワクワク♪

Kakusyoku4

焼き上がりナイフでカットしたらこんなにかわいくチェックになってました〜^0^


| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

梅酵母の誕生☆

Umekoubo6月16日(1日目)

熱湯消毒したビンに自家製の青梅と天然水を入れてふたをします

我が家のお庭で採れた梅に「酵母」がいてるのかドキドキ☆

今回は砂糖などの糖分を加えずに様子を見ます

梅ちゃんがんばって〜♪


Umekoubo2_16月17日(2日目)

水の色が薄茶色になってます

そしてなんと〜2日目にしてもう気泡が出ているのが確認できます!!

あまりの早さにビックリ☆

一日に一度はフタを開けて 酵母ちゃんに酸素を供給^^


Umekoubo36月18日(3日目)

水の色がより濃くなっています

梅からエキスが出るようにいくつかナイフで切り込みを入れたのですが 皮がとろ〜っとして水になじんでいます

そしてさわやかないい香りが〜♪

お酒は飲めないけどまさしく「梅酒」みたいな香りです!!


Umekoubo5_26月20日(5日目)

梅はまったりしていて水にすっかりとけ込んでいるみたい

ビンをふると気泡がいっぱい上がってきます!!

気温も高いしこれ以上おいてすっぱくなったらイヤだなぁ・・・

よぉ〜し!!梅酵母の誕生は今日に決めた


☆新しい酵母の誕生です☆ 

 命名  『梅雨子』  (つゆこ)
(梅雨の時期に実る旬の青梅にちなんで*^ー^*)

酵母液は少し休ませた後 できれば早いうちに梅の香りのパンが焼きたいな☆☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

梅酵母

Umekoubo_1我が家の小さなお庭に「梅の木」を植えて今年で14年になろうとしています 毎年虫がついたり 剪定の時期が悪くて花が少なく実がつかなかったり・・・実がついても小さな「小梅」みたいなことが多かったです たぶん今年初めて?じゃないかと思うくらい大きな青梅が実りました☆採れた数は少ないけど今までになく大きくて立派だったんです 虫に食べられないうちに摘んでカゴに入れていたら みるみる黄色くなりさわやかな甘い香りがしてきました♪「梅ってこんないい香りだったのか!」って改めて思ったんです(スッパイ梅干しの香りが鼻に浸透している;^^) 
Ume
冷蔵庫が“酵母ボトル”&“酵母ビン”だらけだし 今は酵母は起こさないつもりでした・・・でもあんまりいい香りがするのと 母上に「酵母起こさなくていいの?」って3回くらい言われて;^^☆
「こりゃ〜やっぱ起こしとこ〜」(yuka)ってことでまたまた新しい酵母起こしに挑戦です☆
そういえば1月に挑戦した『越乃寒梅・酒粕酵母』の名前が“梅子”やったなぁ。。。『梅酵母』が誕生したら何て名前をつけてあげよう??そしてどんなパンを焼こうかしら〜*^〜^*

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ポモドーロ・フォカッチャ

Tomato_2 水を一切使わず「トマトの水煮」で生地を練り上げた『ポモドーロ・フォカッチャ』を作りました☆これも『自家製酵母』のパン教室
(高橋雅子 著)に掲載されているパンです 本には準強力粉(リスドオル)と書かれていたのですが 私が使ったのは岩手県産の南部小麦・ゲラントの塩・レーズン酵母・オリーブオイル そしてトマトの水煮です
 最近は夜寝る前に生地をこね上げてビニール袋に入れ 冷蔵庫で一晩発酵させています 冬場は常温で5〜8時間かかっていた1次発酵も気温の上昇とともに早くなっています 常温なら4時間くらいで発酵完了することも!!お寝坊なyukaが目覚める頃には生地がぶよぶよ;^^なーんてことになっちゃうし 低温で時間かけて発酵させた方が小麦の旨味が出てパンが美味しくなるはず♪そんなわけで最近は「冷蔵庫発酵」に切り替えています☆(冷蔵庫入れてたのにぷよぷよ発酵していたのはレーズン酵母が元気だから?yukaが相当なお寝坊?^^;)

Tomatokan_2これが今日使ったトマトの水煮です 先日のパン教室でも「ズッキーニ」の水分だけでパンを作りましたが このパンもトマトの旨味や酸味が濃厚に感じられ しかも天然酵母パンらしく弾力もあり もちもちしていて超美味しかったでーす☆「ブラックオリーブ」入りや「グリッシーニ」も作ってみたいな☆yuka^ー^☆ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ズッキーニ・カントリーブレッド

Zucchine_1大阪市内のホテルで行われたパン教室で『ズッキーニ・カントリーブレッド』を教わってきました☆とてもシンプルで旬の夏野菜を生かしたこのパン生地は フランスパン粉と塩・オリーブオイルだけ☆生地を作る時に水を一切加えずに ズッキーニの水分だけでこね上げています 野菜ジュースを使ったり こね上がったパン生地に野菜を混ぜ込むことはあっても 全く水を使わないのは初めてかも!?野菜から出る水分でこねる時にかなりベタベタしたけど 焼き上がったパンもしっとりやわらかかったです♪
 

Zucchine2これが荒くおろして軽く水気を切ったズッキーニです 小麦粉の量が250gなのに対してズッキーニは230gとすごい量!!見た目は「きゅうり」に似ているけど「かぼちゃ」の仲間に入るので 焼き上がったパン生地は黄色っぽくなるんですって〜へぇ〜〜(^〜^)


Zucchine3_1 水が入らないから始めは粉っぽかったパン生地も だんだんとズッキーニから出る水分でベタベタ・・・「これ、まとまるのかしら??」と思うくらい柔らかい生地でした 野菜の水分が少ない時と 強力粉のグルテンが強くて生地が硬い場合は水を加えても良いようです☆

Teacher_1
成形はパン生地が柔らかいから打ち粉をしながらやさしくやさしく〜

ガスを抜いたらあまり締めすぎないよう手でふんわり巻いていきます

先が少しとんがる方がいいかなぁ?

ほわほわでと〜ってもやわらかいわ〜!!

先生の手元をよく見てやさしく成形です☆

Zucchine4これはお土産にいただいた『ズッキーニ入りブロート』

ズッキーニの量は少なめですが 卵とクルミが入っていてまた違った味わいができました〜おいしかったです♪

他の夏野菜や「かぼちゃ」なんかでも同じように作れるかな?

また家でも天然酵母パンにアレンジして作ってみよーう♪
( yuka *^ー^*)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

ミニバラ

Rose_1今年は剪定した時期が良かったのか「ミニバラ」がとても美しく咲きました☆いつも開花までに虫がたくさんついてしまうのですが 何とかしのげたようです 良い剪定時期を教えてくださったゆ〜かりさん本当にありがとうございました♪

Rose

Kaname_12

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

わんこスティック

Andivu地元のパン屋さん『あんでぃ〜ぶ』に久しぶりに行ったら 犬用のパン「わんこスティック」が売られていました!!店内にはわんこの写真がいっぱい飾られているの☆私がお店でパンを見始めてすぐ かわいい愛犬を連れた飼い主が現れた♪買い物をする間ちゃんと店の前でお座りをして待っている(かなめには無理だわ;^^)店主が「わんこスティック」をプレゼントするとうれしそうにバリバリ食べた!!「きゃ〜ぁ、かなめにもこのパン買って帰るわ〜」(yuka)

Wanko以前に来た時(開店してすぐ)はこんなの売ってなっかたよな〜と思っていたら ちょうど買いに来ていた「この犬のために作り始めたパンなんです」と店主は言われました 飼い主が甘い菓子パンや塩分の強いパンを与えているのが気になって 犬に優しいパンを作るようになったとか☆もちろん人間も食べられるこのパンはサクサク歯ごたえのある薄味のスティックパン 小型犬用の小さいタイプも売られていて 店主の愛情が感じられました(写真左の白い犬がそのわんこ・右の黒い犬が店主のわんこ)

Pan_1細長いのが「わんこスティック」で 「カマンベールチーズ入りパン」・「豆乳メロンパン」・「ソフトチョコクッキー」と「酒種天然酵母食パン」を買いました どれもとてもやさしい味でおいしくいただきました☆


Kaname_9さっそくかなめもパンを試食です☆

「かなめちゃん わんこスティックのお味はどうですか〜?」

店主が「犬は家族と一緒ですから・・・」と言われたのが印象的です 今度はかなめを連れてパンを買いに行こう♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

そば粉パン

Sobakopan以前にお蕎麦を打とうと思って買っていた蕎麦粉をパンに混ぜて焼いてみました☆これも『自家製酵母』のパン教室に載っているレシピです 肝心の「蕎麦打ち」にはまだ挑戦していないのですが 日頃“小麦まみれ”になっていることもあり この蕎麦粉の香りは新鮮でした☆生地にはくるみをたっぷり混ぜていて 軽くトーストして食べたらとても香ばしくって美味しかったです♪
Sobakopan2_1こんな風に三角形に成形しました 蕎麦粉が入ることでふっくら膨らむパンにはならないけど とても素朴で和風の「カンパーニュ」(田舎パン)って言ったところかしら☆これなら和食のメニューに合わせて食事にそえてもいいかなあ・・・今度は同じ配合を“きな粉”に変えて作ってみたいわ♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

黒糖食パン

Kokutou先日買った本『自家製酵母』のパン教室(高橋雅子 著)に掲載されている「パン・ド・ミ」に 黒糖をたっぷり混ぜて食パンを焼いてみました☆この砂糖は鹿児島県徳之島産の「黒砂糖」で 太陽をいっぱいあびて育ったさとうきびの清浄汁をそのまま煮詰めて作られているそうです 砂糖をそのままなめてみると大変濃厚なのに口の中でさら〜っと溶けるの!!これが本当の“さとうきび”の味なんだな〜と思わせてくれる味です もちろん添加物や防腐剤は一切入ってなくて さとうきびの香りもそのまま強く残っています カルシウムとカリウムがたっぷり含まれているこの黒砂糖は パンだけでなくお菓子や料理にも使ってみたいです☆

Kokutou_1こちらがその「黒砂糖」と 同じ徳之島産の塩「徳の塩」です 近海の海水を100%使用した塩で なめてみたらマイルドでしょっぱくない!!ナトリウム・カルシウム・マグネシウムの含有量がすごいです〜もちろんこの食パンには「徳の塩」を使いました♪

Kokutou2_1糖分が多かったから1次発酵もちょっとゆっくりめ 2次発酵も本に書いてある時間より長めにとりました 中はふわふわで黒糖が生地をしっとりさせてくれたみたい☆次は黒糖でベーグルとか焼いてみたいなあ♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

トマトとバジル

Tomatoミニトマトとバジルを植えました☆

バジルは毎年必ず植える元気な夏のハーブです 

夏の植物は今が一番植え時かな?

美味しいトマトが実ったら「トマトフォカッチャ」が焼きたいな〜♪

5月〜6月は一年で一番ハーブが美しい大好きな季節です☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

玉ねぎのリュスティック

Rustique_3今朝採れたての新鮮な野菜が我が家に届きました♪母上の友人が家の近くの畑で育てている野菜です 4年くらい前に初めて玉ねぎをいただいた時 たっぷりパンに混ぜこんでお持ちしたら大変喜んでくださいました☆次の年の春「収穫した玉ねぎを見たら去年のおいしいパンを思い出した」と言ってまた野菜を届けてくださったんです!!私もうれしくなっていつもいただいた野菜でパンを焼くようになりました 昨年まではイーストのパンだったけど 今年からは自家製の天然酵母で作ったパンを食べてもらうことができます!!

Tamanegi_1先日焼いた『リュスティック』の生地に粗く刻んだ生の玉ねぎを混ぜました 玉ねぎから水分が出ることを考えて生地はやや硬めにこね上げています 小麦粉は北海道産の「春よ恋」を使用 レーズン酵母「レザリン」がとても元気なので1次発酵は4時間で 2次発酵は45分で終了しました これからは過発酵に気をつけなくちゃ☆
Yasai
これが今日いただいた採れたての野菜です 

キャベツには虫が食べた穴が開いてるんですよ^^

もちろん無農薬野菜なので酵母も起こせそうです!!

Kaname_10パンが焼ける香りに加えて玉ねぎの甘~い香りもただよいます
「パン焼けたんか〜?」

「いいにおいや はよ食べよー」(kaname)

「アッ!かなめ今日のパンは食べたらあかんわー」(yuka)
Kaname2_4

「なんでや〜 なんであかんの??」

「そんなん言わんとちょっとちょうだい」

「かなめちゃん今日のパンは食べられないんだよー」
(わんこは玉ねぎやねぎ類は消化できないそうです)

焼きたてほかほかのパンを母が届けたら 今度は午後から収穫された「じゃがいも」を山盛りいただきました☆
あら〜エビでタイを釣っちゃったわね;^^ 
さっそく「じゃがいもフォカッチャ」を焼かなくては!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

ブリオッシュ

Brioche_2今日は天然酵母パン教室で『ブリオッシュ』を教わってきました☆自分で酵母を起こす前は「天然酵母パン」といえば「ハード系のシンプルなパン」というイメージがあったのですが(リッチなパン生地の発酵は天然酵母には無理とか思っていたかも) こういうケーキのようにふんわりしたパンも焼けるんだな〜と改めて感動!!焼き上がりは部屋中にいい香りがたちこめて “かなめ”じゃないけどかなりクラクラしちゃいました;^^ ブリオッシュといえばマリーアントワネットのあの有名なせりふ『パンが食べられないならお菓子を食べればいいのに!』の「お菓子」がブリオッシュだと言われています(隠れ宝塚ファンです) 卵とバターがたっぷりのこのパンは まさしく「お菓子」だと思います☆   

Warabimotiパンの2次発酵を待つ間に教えてもらったオマケレシピが『わらびもち』です わらびもちは小さい頃から母上がよく夏に作ってくれた大好きなおやつですが 今回教えてもらった(初めて食べた)のが“100%本わらび粉”を使ったわらびもち クオカさんで調べたら わらびの根からとった灰褐色の本わらび粉で 100g1260円もする大変高価なもの!!(ちなみに普通のわらびもち粉は200gで126円) 写真の黒いのがこの“本わらび粉”で作ったもので 粘りが強くつるんとしていて口当たりが最高に良い♪白いのがごく普通に売られている(でも高級だったよ)わらびもち粉で作ったもので 食べ比べさせてもらいましたが明らかに食感が違います いや〜本わらび粉の存在を知らなかったからいい勉強になりました^^


Lunch_2ランチに先生が焼いてくださったパンをたらふくいただきました 抹茶生地に甘納豆・フランスパン生地に黒豆&黒ごま・・・どれも美味しかったなあ☆ 今日から自分で起こしたレーズン酵母持参で教室に行ったのですが 私の「レザリン」ちゃんも元気に育っていることがわかってうれしかったです♪ 天然酵母とのおつきあいも1年になるので 基本のレーズン酵母でいろんなパン作りに挑戦し続けます(*^ー^* yuka)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

いちじくのパン・ド・セーグル

 Pain_de_seigleキンカン酵母の“金太郎”が名前に負けじと元気いっぱい!! 飼い主yukaが酵母の扱いに慣れてきたことと 今の気温は酵母の培養にはちょうどいいみたい 毎日成長する金太郎酵母に背中を押されながら せっせとパンを焼いています☆写真は『自家製酵母』のパン教室に載っていた「いちじくのパン・ド・セーグル」です 準強力粉リスドォルとライ麦にゲラントの塩・はちみつ・キンカン酵母でパンをこねました 最後に軽くホワイトラム酒に漬けておいたドライフィグを混ぜています

Pain_de_seigle_1成形時パンにライ麦粉をつけてから 丸めなおします

とじ目を下にして布どリで2次発酵を40分ほど

気温が高くなってるので短い時間でもパンがどんどん大きくなりました

発酵させすぎても食感が変わりそうだし 見極めはムズカシイです^^

Seigle_1発酵後はとじ目を上にしてオーブンシートにのせて焼きました

こうするとわざと“とじ目”が上に開いて まるで「いちじく」のような形に仕上がります!!

なるほど〜ナイスアイディア!!

もうちょっと上がとんがったらおもしろかったかな〜?

Kaname_6かなめちゃん パンをにらんでいますか??

最近は都合の良い言葉(ごはん パン お散歩)しか聞こえないのですが
パンの香りには超敏感です;;^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

真夏日のわんこ

今日の大阪は日中30℃まで気温が上がり 急に日射しが強くなりました お散歩から帰ったかなめは狭いお庭をうろうろ オヒサマの下で体を温めたり北側の涼しいところへ行って冷やしたり・・・風はさわやかでちょうど過ごしやすい初夏のハズなのにね なんだかカオがコワいの〜「なんでや〜?かなめちゃん今日はちっとも笑わないね」・「具合悪いんかな?この暑さくらいでしんどかったら夏が心配やわ・・・」
yukaがパンをこね始めたらキッチン横に来て何かうったえかけている
Kaname_7「パンのにおいや〜」

「へぇ〜〜かなめ、まだ焼いてないのにパン作ってるってわかったん??」
(手前の白いのがパン生地)

「かなめの鼻って、すごいなぁ〜!!酵母の香りでわかるん??」(yuka)

「かなめね、今日はパン食べてないんよ〜だからyukaにパンほしいって言ってるんやわ」
(母上)

「ぎゃ〜それでコワいカオしてたんや〜!!かなめパン切れやったんやね」

Kaname2_2
「これはまだ8時間はかかるで〜昨日焼いたパン食べる??」

「わん わん わん!!」

「パンや パンや〜〜!! yukaパンや」

「食べる たべるで〜」

「はよ ちょうだい」


Kaname3_2

「はむっ」

「んまい!」

「はぁ〜やっぱ、パン食べないと元気でえへんわ・・・」

(かなめちゃんご満悦の様子・・・)


Kaname4
「yukaが焼くパンはおいしいわ〜」

と言ったかどうかわかんないけど(笑)パンを食べたかなめはやっと元気が出たみたいです;;^^

ニコニコ笑顔がもどりました
(*^ー^*)


『一日の始まりはパンにあり』
(by kaname)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »