« 越乃梅子の最後 | トップページ | カンパーニュ »

フィグリー・オ・チョコナッツ

figrychocopignon越乃梅子の寿命を早く感じたのは 12月に起こした『ドライフィグ酵母』
の「フィグリー」が今もまだ元気だからです 12月中に2度の培養と種継ぎを繰り返した後 残ったドライフィグ酵母の液種を大切に冷蔵庫に保管していました するとボトルが破裂しそうなほど膨らんでガスがパンパンにたまっていたのです!! まるで「早くパンになりたいよ〜」と言わんばかりにね^^ そこで鬼柚子酵母が起きるまではこのドライフィグ酵母でパンを焼くことにしました   

figry-kouboこれが新たに培養した「フィグリー」(ドライフィグ酵母)です いつものように強力粉と液種をボウルで合わせたところ フィグリーはとっても元気で激しい泡を出した!!ゴボゴボゴボ〜〜ぶくぶくっ〜。。。ここまで反応が大きいのは初めてでビックリ☆ 2ヶ月ほど経つのにしっかり生き続けていました 培養のスピードもとっても早くて ビンいっぱいに大きく成長するのに時間はかかりませんでした まだ5種の酵母起こししか経験してませんが ドライフルーツは果物の水分が蒸発していて より酵母菌が凝縮?している気がします♪

figury-kaname今回焼いたのは 酵母が新鮮なので生地はシンプルにしてフィグの香りが感じられるようにしました そしてこね上がりにチョコチップと松の実&カシューナッツを混ぜ込んでいます 常温で10時間ほどかけて発酵させ 高温に十分熱したオーブンでしっかり焼いたので クラストはパリッとクラムはもっちり天然酵母独特の食感に焼き上げることができました♪ 12月に焼いた時よりも酵母の香りが強くなってる!!フィクリーすごいぞ〜〜☆ かなめもパンをねらってマス☆

figry-choco
これはパンをカットしたところです

シンプルな生地に甘いチョコチップがなじんでおいしいよ〜〜♪

松の実&カシューと チョコも相性バッチリです^^

|
|

« 越乃梅子の最後 | トップページ | カンパーニュ »

コメント

冷蔵庫をゴボゴボゴボされたみたい。


投稿: BlogPetのkaname | 2006年2月 3日 (金) 09:10

初めましてyukaさん!ブログに来ていただきありがとうございました。数々の天然酵母パン、とても素晴らしいですね〜
しかも酵母ちゃんに名前まで付けているなんて、愛情が伝わってきます。
私なんか冬場はイーストパンほとんどで…。昨日、リンゴ酵母仕込み始めました、やっとこさ。かなめちゃんのつぶらな瞳が、カワイイ!
これからもよろしくお願いしますね。

投稿: chigo_e | 2006年2月 3日 (金) 11:29

chigo_eさま☆

さっそく遊びに来てくださってありがとうございます!!
わんこ同様、酵母にも名前を付けてかわいがってます^^
りんご酵母ね、今までで一番好きな香りの酵母です♪
おいしいパンが焼けたらいいですよね〜

またミントちゃんに会いに行きますね。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします☆

投稿: yuka | 2006年2月 3日 (金) 16:08

本当に元気に膨らんでいるね!
葉っぱの模様もきれい~☆彡
元種、こんなに膨らむんだね~、ウチのはこんなになった事ないなぁ~。。液も元種も冷蔵庫保管だっけ?温度管理とかまったく気にしないで、過ごしてきたけど、最近これじゃいけないかなぁ~って思いつつあります。。

投稿: miso | 2006年2月 6日 (月) 09:38

misoさんへ☆

私もね、最近やっとコツみたいなのがつかめてきました。
保管は冷蔵庫にしてます。
温度管理って難しいですよね〜酒粕酵母で感じました。

フィグはちょっと寝かしている間に元気倍増してました!
偶然といえば偶然なんですが、前より良い状態でパンが焼けたんですよね〜
これが夏だとこうはいかないのかも。。。
こういう発見も楽しかったりします〜♪

投稿: yuka | 2006年2月 6日 (月) 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150382/8468834

この記事へのトラックバック一覧です: フィグリー・オ・チョコナッツ:

« 越乃梅子の最後 | トップページ | カンパーニュ »